筆者: 近藤純夫
カワラ版のネイチャー・ガイド。本業はエッセイスト兼翻訳家だが、いまはハワイの魅力を支えている自然をもっと知ってもらうことに力を注ぐ。趣味は穴潜りと読書。ハワイ滞在中も時間をやりくりして書店通いをしている。

特集
リリコイ(パッションフルーツ)

ハワイでリリコイと呼ばれるパッションフルーツは、果実として生食されるだけでなく、さまざまな加工品となるほか、垣根として用いられるなどハワイの暮らしに深く溶けこんでいます。 16世紀頃のこと、キリスト教の宣教師が南米を訪れ […]

続きを読む
特集
マウナ・ロア

マウナ・ロアは標高が4169mあり、標高4205mのマウナ・ケアに次ぐハワイ諸島の高峰です。マウナは「山」、ロアは「長い」という意味がありますが、その名の通り、山の長径はおよそ120kmあります。マウナ・ロアが海底で噴火 […]

続きを読む
特集
ワイメア渓谷の歴史

オアフ島の聖地 オアフ島のワイメアには数多くのヘイアウ(神殿)があり、戦国時代においても聖地として守られてきたという歴史があります。ワイメア渓谷はアフプアアと呼ばれる自治地区として古くから利用されました。今日、ワイメア湾 […]

続きを読む
特集
モンガラカワハギ
ハワイの暮らしと魚(1)

日本と同じように周囲を海に囲まれたハワイ諸島には数多くの魚が住み着いています。今回はそのななから、ハワイの伝統文化に関わる魚を紹介します。ひとつはハワイ州の魚であるフムフムヌクヌクアプアア、王族の男性だけが食べることがで […]

続きを読む
特集
ハワイのツリートンネル

ハワイ諸島に張り巡らされた無数の道路のなかには海岸を縫ったり、高山を貫くなど、さまざまな景観が楽しめるルートがあります。今回はツリートンネルに的を絞り、その魅力をお伝えします。 カウアイ島 コーロアの町からポイプーの町へ […]

続きを読む
特集
ホノルル動物園の歴史

ホノルル動物園は年間約60万人が訪れるハワイの一大スポットです。ここは合衆国で唯一、王室の土地を起源とする動物園であるという点でもユニークな存在です。 1874年に第7代の王となったデイビッド・カラーカウアは、1876年 […]

続きを読む
特集
ハワイのシダ(2)

パラパライ 標高200m~2000mの冷涼な土地に分布します。パラパライはパライとかパライ・ウラとも呼ばれ、ハワイ語で「赤い茎(黒い茎」」を意味します。パラパライは香りが良いため、ハワイの伝統文化においては、レイの素材と […]

続きを読む
特集
ハワイのシダ(1)

シダはハワイの自然史を語るうえで欠かせない植物のひとつです。シダは葉が生長したもので、種子を作らず、胞子によって増えます。ハワイ諸島というと草花や樹木のイメージが強いでしょうが、ハワイ諸島にしかない固有のシダが数多くあり […]

続きを読む
特集
ワイアルアの歴史

土地の起源 ワイアルアとは、オアフ島の北西部に広がる地域で、南西はハレイヴァ・タウンに隣接し、西はカエナ岬、北はワイメア湾のカパエロア、南はワヒアヴァに囲まれています。伝統文化時代には、漁場として栄えました。ワイアルア* […]

続きを読む
特集
ハレイヴァ・タウンとシェイブアイスの歴史

今ではすっかりハワイの暮らしに溶けこんだシェイブアイスです。ハワイを訪れた人は、一度は口にしたことがあるのではないでしょうか。 ハワイ諸島各地で見られるシェイブアイス店ですが、ノースショアのハレイヴァ(ハレイワ)には多く […]

続きを読む