ハワイ諸島は周囲を海に取り囲まれています。そして多くのビーチがあり、そこに人々の暮らしや観光の歴史があります。

島々のビーチの多くは砂に覆われています。ホワイト・サンドのビーチは世界中に見られますが、ハワイにはその他にもブラック・サンドやレッド・サンド、グリーン・サンドなど、さまざまな色合いの砂があります。今回はビーチを形づくる砂の色と、その背景についてお伝えします。

ブラック・サンド

ハワイ諸島はほぼすべてが火山活動によって出現しました。噴火によって流れ出した溶岩は多孔質の玄武岩です。比較的脆いこの溶岩は風雨や波浪によって砕かれ、一部は砂となって海岸に堆積しました。土壌やサンゴなどと混ざり合わず、誕生した間もない場所では漆黒の砂浜をつくり出します。ハワイ諸島では今も火山活動が続くハワイ島の南東海岸に多く見られます。漆黒の状態は海岸をつくり出す初期だけで、やがて風などによって運ばれた土壌や周辺の溶岩と入り混じったり、空気に触れて酸化し、赤味を帯びたりします。ハワイ島南部のプナルウにはブラックサンド・ビーチという観光名所がありますが、かつて漆黒だった砂もかなり褐色化しています。

ブラック・サンド(ハワイ島カラパナ)

ブラック・サンド(ハワイ島カラパナ)

ブラック・サンドの拡大写真

ブラック・サンドの拡大写真

レッド・サンド

溶岩の内部には一定割合の鉄分があり、空気に触れたり水に触れると酸化して赤くなります。砂のように細かくなった溶岩は、風雨や波浪で持ち去られることがありますが、鉄は他の成分より重いため、元の場所に留まったり、溶岩の一部に露出したりします。また活動を終えた植物の堆積物である土壌と入り混じると赤土になります。カウアイ島やラナイ島、カホオラヴェ島にとくに目立ちますが、ハワイ諸島のすべてで見ることができます。なかでもマウイ島のハナの町に近いレッドサンド・ビーチはひときわ赤く見えることで知られます。ビーチの傍らに大きな崖がありますが、これは火山活動の際に地底から噴出物を飛ばしたものが堆積してできた噴石丘です。この崖は一部が崩落して赤い面を見せています。ビーチはこの崖の残土が堆積して誕生しました。

レッド・サンド(マウイ島ハナ)

レッド・サンド(マウイ島ハナ)

レッド・サンドの拡大写真

レッド・サンドの拡大写真

グリーン・サンド

溶岩のなかには橄欖岩の結晶が表面に付着していることがあります。ハワイ諸島ではハワイ島南部のグリーンサンド・ビーチ(パパコーレア)とその周辺にのみ見られます。ハワイ諸島はほとんどが玄武岩によって成り立つと言いましたが、グリーンサンド・ビーチは凝灰岩地帯です。堆積した岩石のなかに結晶化した橄欖岩があり、これが波浪によって細かく砕かれ、その一部が吹きだまりのようになって出現したという説と、当初は内陸に形成されていたが、1万年以上の歳月によって波浪が内陸まで浸食した結果、今日の状態となったという説とがあります。ちなみに橄欖岩の結晶自体は、たとえばオアフ島のダイヤモンドヘッドなど、諸島各地で見られますが、ビーチを形成するほどの規模のものはグリーンサンド・ビーチ周辺にしかありません。

グリーン・サンド(ハワイ島ナアレフ)

グリーン・サンド(ハワイ島ナアレフ)

グリーン・サンドの拡大写真

グリーン・サンドの拡大写真

ホワイト・サンド

白砂の正体はサンゴの破片です。波浪によって砕かれた結果ですが、ハワイ語でウフと呼ばれるパロットフィッシュ(ブダイ)がサンゴを噛み砕き、糞となって排出されたものもあります。白い貝も白砂に貢献していると言えるでしょう。また、少量ですがシリカ(石英の結晶)なども砂浜を白く見せます。サンゴは純白なものだけではありませんし、砂には濃い色の貝や黒い溶岩が混ざることもあります。ホワイトサンドと呼ばれるビーチはハワイ諸島各地にありますが、これらの分布割合によって見た目は異なります。白く見える砂浜から褐色の砂浜まで、見た目に違いが生じるということです。ハワイ島のカハルウにはホワイトサンド・ビーチがあります。ここは別名マジックサンド・ビーチはとも呼ばれ、冬期は海面が上昇し、姿を消します。ホワイトサンド・ビーチは、他にもオアフ島のワイマナロなどがあります。また、ホワイトサンドの名が付かなくてもラニカイ・ビーチやハワイ島のマカラヴェナ・ビーチなど、ホワイト・サンドのビーチは諸島各地で見られます。

ホワイト・サンド(オアフ島ワイキキ)

ホワイト・サンド(オアフ島ワイキキ)

ホワイト・サンドの拡大写真

ホワイト・サンドの拡大写真

ウフ / ブダイ / パロットフィッシュ

ウフ / ブダイ / パロットフィッシュ

Follow me!