ホノルル動物園は年間約60万人が訪れるハワイの一大スポットです。ここは合衆国で唯一、王室の土地を起源とする動物園であるという点でもユニークな存在です。

園内、ベビーカーや車椅子での移動に配慮している

園内、ベビーカーや車椅子での移動に配慮している

1874年に第7代の王となったデイビッド・カラーカウアは、1876年に30年間のリースという形で、現在のカピオラニ公園の土地を住人に提供しました。300エーカー(1.2平方キロメートル)の土地を管理したのはカピオラニ公園協会です。

ワイキキの高層ビルが間近に迫る

ワイキキの高層ビルが間近に迫る

ワイキーキーとは「水の湧き出るところ」という意味ですが、その名の通りカピオラニ公園を含む一帯はかつて湿地帯で、公園の辺りは池になっていました。王のためのイア・ロコ(養魚池)や小島などが点在していました。公園協会はこの土地を干拓整備後の1877年、カラーカウア王の妻の名をとり、クイーン・カピオラニ・パークと命名してオープンしました。

カピオラニ公園以前の風景

カピオラニ公園以前の風景

公園協会は1894年まで王室からの助成金があったため、当初はあまり人気のなかった公園をなんとか維持してきました。初期のカピオラニ公園の見所は、カラーカウア王が収集していた外来種の珍しい鳥たちと、毎年開催されたカメハメハ大王記念日に開催される競馬でした。1914年にはホノルル市郡が管理を引き継ぎ、今日に至ります。

公園にあった競馬場

公園にあった競馬場

ホノルル市郡は動物展示を本格的なものにするため、動物を収集し始めました。1916年にはアフリカゾウのデイジーを購入しました。市民が背中に乗って楽しんだのはこの頃です。しかし1933年のこと、デイジーが飼育員を踏みつぶすという痛ましい事故がありました。再発を怖れた動物園はデイジーを処分し、海に埋葬しました。

象のデイジーと飼育員

象のデイジーと飼育員

1929年に大恐慌が到来すると動物園経営は低迷し、閉園寸前となりました。なんとか持ちこたえたものの、施設は荒廃の一途を辿りました。しかし1945年から47年にかけて、キリンやダチョウ、エミュー、ゾウ、ラクダ、アシカ、数種類の鳥類、クモザル、カメなどが導入され、新しいホノルル動物園として再オープンしました。

動物園の入口ゲート

動物園の入口ゲート

1952年になると現在の場所に動物園を移設し、本格的な施設を建造しました。動物園のデザインも新しいコンセプトとなり、今日に見られる獣舎が完成しました。園内でははイオ(ハワイノスリ)やプエオ(ハワイコミミズク)、ネーネー(ハワイガン)など、ハワイ固有の動物や固有植物を見ることができます。

イオ(ハワイノスリ)

イオ(ハワイノスリ)

ギフトショップにはぬいぐるみなどのノベルティーグッズがあり、日本と同じような品揃えに見えますが、この他にも動物園や動物に関する文献や資料、児童図書なども充実しています。また、園内にはスナックバー(軽食店)が2箇所にあります。

ギフトショップ

ギフトショップ

アクセス

ワイキキの中心街から徒歩5~15分。ザ・バスを利用する場合は、2番、8番、13番、23番、42番の、ダイヤモンドヘッド方面を利用。

案内図(拡大すると詳細を確認できます)

案内図

物園の歴史

1876

第7代の王デイビッド・カラカウアが、300エーカー(1.2平方キロメートル)の土地をカピオラニ公園協会に譲渡

1877

クイーン・カピオラニ公園の開園。当初、公園では毎年キングカメハメハデーに競馬を開催

1914

ホノルル市郡が公園の管理を継承

1914-1916

カピオラニ公園で展示する動物の収集を開始

1916

アフリカゾウを購入し、公園での飼育を開始(*象は飼育員を殺害したため1933年に処分)

1929

ニューヨーク動物園協会から借り受けた6匹のガラパゴスゾウガメがパナマから到着

1935

希少な外来鳥類のための飼育小屋が完成

1947

ホノルル市郡はカピオラニ公園の基本計画を承認し、公園内の42エーカー(17ヘクタール)をホノルル動物園に指定。ポール・ブリーズを初代園長に任命

1952

動物園のデザインが見直され現在の形となる

1965

第2代園長ジャック・スロップを任命。職員は28名

1969

ホノルル動物園の運営支援のため非営利団体のZoo Hui(動物園協会)を設立

1979

第3代園長にジェローム・マーが就任

1982

インドのインディラ・ガンジー首相よりアジアゾウが贈呈される

1982-84

新しいマスタープランの策定に着手。アフリカサバンナ、熱帯林、アイランドという3つのゾーンを計画

1986

ホノルル動物園がアメリカ動物園協会に認定される(全米で2番目に古い動物園)

1988

子供動物園の完成

1990-94

アフリカのサバンナ施設がオープン

1993

第5代園長にケン・レッドマンが就任

1997

動物園が公園・レクリエーション部から新設のエンタープライズ・サービス部に移管

2005

新しい動物病院が完成

2006

新しい子供動物園(ケイキ・ズー)とオランウータンの展示施設が完成

2009

第6代園長にスティーブン・ウォーカーが就任

2011

第8代園長にマニュエル・モリネド(元サンフランシスコ動物園園長)が就任

従業員は73名(契約社員とパートタイムを含む)

2013

第9代園長にジェフ・メイホンが就任

2015

第10代園長にベアード・フレミングが就任

2017年~

第11代園長にリンダ・サントスが就任。今日に至る

 

住所:151 Kapahulu Ave, Honolulu

電話:808-926-3191

開園日:毎日の午前9時~午後4時30分

休園日:12月25日

飼育展示動物数:約1,000

入園料:大人(13歳以上)   19ドル

子供(3歳~12歳) 11ドル

2歳以下の子供     無料

Follow me!